法人案内

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 足立勉

会長 弁理士 足立 勉 Tsutomu Adachi 知的財産は趣味で取るものではありません 貴方の会社経営に生かしましょう

出身地
愛知県春日井市
経歴
1970年 東京教育大学(現筑波大学)生物化学専攻卒業
1971年 三菱化成株式会社(現三菱化学株式会社) 特許部配属
1977年 弁理士登録
1978年 足立国際特許事務所を春日井の自宅2階で設立
1979年 事務所を名古屋市中区に移転
2004年 特定侵害訴訟代理人業務付記登録
2007年 名古屋国際特許業務法人発足と共にパートナーとなる
2012年 名古屋国際特許業務法人会長就任
主な専門分野・特記事項
裁判・交渉実務の経験が豊富で(過去数十件の訴訟事件を取り扱った経験あり)ライセンス業務に詳しい。進歩性が弱い発明を特許にすることを得意とする。また知的財産で収益を生む方法にも詳しい。

毎日の仕事内容

部下の指導、書類のチェック、審査官との応対、裁判、鑑定の外に次の相談を受けています。
トラブル相談:警告状をもらった、第三者に真似された、第三者のものを合法的に真似したい、裁判を起こされたなど1日に平均1件のトラブル相談があります。
知的財産の活用相談:特許を取ったけれどもこれをどのように会社経営に生かすか、商標権、著作権をどのように活用するか、どのようにしてアジアの新興国と対抗するのかといった相談を受けています。
中小企業、個人発明家の相談:資金に余裕のない人に対し、少ない資金で出願する方法について相談を受けています。
商標の相談:特に繊維関係の商標出願、デザインの模倣、キャラクターの模倣相談も多いです。
技術開発の仕方:収益を生む開発の仕方、資金をあまり使わない開発方法、トラブルの少ない開発法などの相談を受けています。

弁理士を志した理由

会社で特許関係の仕事をしていたが、勤務していた会社は、人を判断するのにいつもまず「彼は00大卒の00年入社」が使われていた。実力よりもどちらかというと人付き合いのよい人が出世するところであった。実力以外の要素で出世していく人を多く見て、自分のいるところではないと感じた。また仮に運良く出世したとしても、金銭的には恵まれなく、自費ではベンツにも乗れないと感じた。

弁理士という仕事は、技術と法律の両方の知識が要求され、知恵を使い頭脳で勝負する仕事です。年功、学歴は関係なく、プロ野球選手と同様に実力主義であり、やりがいと結果を得られると考えた。そこでたった一度の人生であるから、実力主義である弁理士を志した。

仕事の「やりがい」や「面白さ」

書類を100回以上読み夜も昼も必死に考え、夜中にベッドの中で思いついた特許請求の範囲の記載により、有用な特許が取得でき、クライアントが何十億の特許実施料を獲得したとき、ああ弁理士になって良かったなと思った。
また特許を取得したおかげで、小さい会社があっという間に本社ビルを建てたり、トラブルをうまく解決してクライアントから成功謝金をもらい、その上「ありがとう」と言われたときにもやりがいを感じます。
時には損得を離れて個人発明家を応援し、お礼を言われたり、クライアントが裁判を起こされたときに、たった1回の準備書面で相手をノックアウトして感謝されたりと、様々なやりがいと面白さを実感しつつ仕事をしています。

休日の過ごし方

旅行が趣味で国内海外に家内と多く出かけています。海外へ行く場合には、ツアー旅行でなく個人旅行で行き、美術館巡りをし、音楽会へ行ったり、オペラを見たり、美味しい料理を食べるのが好みです。行き先としてはヨーロッパが好きですが、アジアもよく行きます。世界の有名な美術館はエルミタージュを除きほとんど行ったことがあります。オルセー美術館が最もお気に入りで5,6回行きました。
家にいるときは、読書をしたり、音楽を聴いています。

高度なサービスを提供する組織力、豊富なサービスメニュー、幅広い経験と豊かな実績で、当法人は高い評価をいただいております。
是非一度お気軽にお問い合わせください。

この弁理士に問い合わせをする

ページの先頭に戻る

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 足立勉