法人案内

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 石原啓策

副代表 石原啓策 (パートナー) Keisaku ISHIHARA 常にとことん考え抜いて提案・貢献したい

出身地
大阪府阪南市(中学以降、愛知県一宮市)
経歴
1996年 名古屋大学工学部機械工学専攻、修士課程修了
1996年 三菱電機株式会社
1997年 日本機械学会論文賞受賞
1998年 足立国際特許事務所(現・名古屋国際特許業務法人)
2001年 弁理士登録
2004年 (海外研修)ドイツBoehmert&Boehmertコース
2006年 特定侵害訴訟代理業務付記登録
2007年 名古屋国際特許業務法人発足と共にパートナーとなる
主な専門分野・特記事項
特許における専門分野は、機械、制御、メカトロ、ビジネス方法。特に、制動制御・エンジン制御等の車両制御、情報通信、半導体基板製造、流体機器。外国実務に詳しい。AIPPI・APAA・INTA会員。実用英語技能検定1級。

仕事内容

現在は、国内クライアントが行う外国出願、外国クライアントが行う日本出願への関与度合いが高いですが、国内クライアントが行う日本出願も多く担当してきました。特許、実用新案、意匠、商標に関する出願業務はもちろん、無効審判、判定、鑑定、ライセンス交渉、契約書作成、侵害訴訟、審決取消訴訟を担当した経験があります。国内クライアントが海外で権利行使を行う場合や権利行使を受けた場合のサポート業務、外国クライアントが日本国内で権利行使する場合やされる場合の交渉等の業務も担当しています。国際会議に出席したり、外国代理人の事務所を訪問して個別案件等につき意見交換を行ったりと、海外出張も積極的に行っています。最近はパートナーとしてのマネージメント業務にも燃えています。

弁理士という仕事との出会い

電機メーカーに所属して機械系の設計者として開発業務を行っていた前職時代に、私自身が発明者として関与した特許出願を通じて弁理士という職業の存在を知りました。また、前職時代には、弁理士資格を志していた同期入社の友人から、弁理士の仕事内容について具体的に教えてもらいました。その後、更に自分で調べることで、弁理士業務が私にとって素晴らしいものであることを確信しました。技術と法律両方の専門家として活躍できるという側面がある上、語学力があれば国際的な業務にも積極的に携わることができる、というのが弁理士業務の醍醐味だと感じるに至りました。そこで、その醍醐味をしっかりと味わうべく弁理士になることを決意しました。

「やりがい」や「面白さ」

やっぱり、困難な状況でも打開策をとことん考え、その打開策により、審査官面接で審査官を説得できたとき、特許査定や登録査定を勝ち取ったとき、裁判に勝ったとき、また、これらによりクライアントから感謝されたときに、「やりがい」を感じますね。また、私の場合は、外国業務に関与することも多く、外国代理人と英語を使って電話で議論することもあるのですが、そのような場面でも、こちらが伝えたい対応策を相手に明確に伝え、納得して頂いた上で取った対処がうまくいくことでクライアントに喜んでもらったときにも、非常に「やりがい」を感じます。私の場合は、技術、法律の知識に加え、語学力をも駆使して専門的サービスを提供できるようになれると素晴らしいと思って弁理士になった訳ですから当然ですね。今後も知識・スキルはどんどん磨いていきたいですね。

オフの過ごし方

仕事では時間に追われて絶えずバタバタしておりますので、休日は家族とゆったりと過ごすのが一番だと思っています。娘と息子を連れて妻と買出しに出かける時間に、平凡ですが大きな幸せを感じています。沖縄が好きで何回も行っています。これからもどんどん行きたいです。なかなか時間が取れませんが、少なくとも年に1回は沖縄などビーチがきれいなところに出かけて浜辺でボーッとする時間が持てれば、最高だなあと思っています。
あと、最近、ドイツ語と中国語を勉強しています。これは業務にもかなり必要だからですが、言語を学ぶことで、その言語を話す人達の思考傾向や生活を想像できる場合があり、これは面白いなあ、と実感できる瞬間がなかなか楽しいですね。

高度なサービスを提供する組織力、豊富なサービスメニュー、幅広い経験と豊かな実績で、当法人は高い評価をいただいております。
是非一度お気軽にお問い合わせください。

この弁理士に問い合わせをする

ページの先頭に戻る

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 石原啓策