法人案内

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 岩田誠

岩田誠 Makoto IWATA 根性とやる気を込めて、親身になり仕事をします。

出身地
富山県南砺市
経歴
2000年 金沢大学工学部機能機械工学専攻卒業
2000年 澁谷工業株式会社
2004年 足立国際特許事務所(現・名古屋国際特許業務法人)
2006年 弁理士登録
主な専門分野・特記事項
特許における専門分野は、機械、制御、メカトロ、情報通信。特に、自動車工学(車両構造、エンジン制御、故障診断、ECU/マイコン技術、車両ネットワーク技術、カーナビ、GPS、スマート/キーレスエントリシステム)、画像形成装置(プリンタ)、無線通信技術を得意とする。電気通信主任技術者。

クライアントにとってより良いものを

普段は、権利化までの業務を中心に行っています。具体的には、各種相談対応、先行技術調査、出願戦略の立案・提案、特許出願原稿(明細書)の作成、中間処理等です。
クライアントによって、権利化を図りたい理由や背景、許容できるコストなどは様々です。クライアントの視点・立場に立ってそのクライアントにとってより良いサポートができるよう留意しています。知的財産を保護するための種々の選択肢、及びそのメリット・デメリットを十分に検討し、クライアントに納得して頂けることをとにかく心掛けています。
また、最近では、出願から権利化後(権利活用)までのトータル的なサポートがより強く求められていますので、そういった要望にも応えられるよう日々修行中です。

弁理士として仕事をする自分を思い描く

弁理士を目指す前で企業に勤めている頃ですが、キャリアアップのために法律を勉強してみようかなと思った時期がありました。ちょうど法科大学院の設立が話題になっていた時期でもあり、感化されたんだと思います。
その頃は、正直弁理士という職業はよく知らず、特許法などという法律も知らないに等しかったのですが、企業では機械の設計開発に携わっていて特許出願をしたり特許公報を読んだりする機会がたびたびあったということもあり、徐々に特許という分野に興味を持つようになりました。

そういった中でいろいろと調べていくうちに、弁理士とは、技術・法律の双方の知識レベルは勿論、例えばコミュニケーション能力等も高いレベルで要求される知財の専門家であるということを知るに至りました。そしていつしか、「弁理士を目指そう!」と思うようになっていました。

様々な発明に触れられることが面白い

様々な発明・アイディア・創作が生まれてきて、その権利化のお手伝いができることに面白さを感じます。
受任時は、毎回、「どんな発明なんだろう」、「発明は言葉でどのように表現できるだろう」、といったようなわくわく感を感じています。
ただ、このわくわく感はつかの間のもので、実際に検討或いは明細書の作成にとりかかると、技術を理解することの大変さや発明概念を文書で表現することの難しさに苦悩し、つらい日々が続くことになりますが(笑)。
日々の業務は楽ではありませんが、難しい案件、苦労した案件ほど、うまくいったときの喜びや達成感は大きいです。例えば、弁理士になってからは当初の相談から出願までを一貫して担当することも多くなりましたが、「これって特許になりますか?」というお客様の質問から始まり、先行技術調査や分析等を必死に行って打合せを何度も重ね、そのうえでお客様のアイディアがまさに特許になった時、非常に大きな喜びを感じました。そして、このような喜びや達成感が次の案件への原動力ともなっています。

アウトドア派?インドア派?

休日は、スポーツジムに行ったり、近所をジョギングしたりして汗を流しています。ジムで自転車マシンをこぎながら本を読むのが好きです。ジムでは、自己啓発本やビジネス書、そのほかには語学の本などを読むことが多いですね。
時間があれば料理もします。うどん、そば、パン、中華まんなどを得意としており、粉を買ってきては生地から作ります。
また、我が家では七輪での焼肉が定番となっており、休日の楽しみの一つとなっています。

高度なサービスを提供する組織力、豊富なサービスメニュー、幅広い経験と豊かな実績で、当法人は高い評価をいただいております。
是非一度お気軽にお問い合わせください。

この弁理士に問い合わせをする

ページの先頭に戻る

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 岩田誠