法人案内

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 各務幸樹

各務幸樹 仕事の報酬は仕事です

出身地
岐阜県恵那市
経歴
2006年 東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修了
2006年 川崎重工株式会社
2011年 弁理士登録・神戸の特許事務所に勤務
2016年 名古屋国際特許業務法人
主な専門分野・特記事項
特許における専門分野は、材料、機械、制御。
メーカー時代には、ディーゼルエンジンや蒸気タービンを用いたプラント(船舶の機関部)の設計及び開発を担当。
所属団体
 日本弁理士会

弁理士までの経緯

 メーカーにエンジニアとして勤めていた頃、特許法の法文を手にとり読んだときの感覚を今でも覚えています。
 それまで法文などほとんど読んだことがなかったので、内容を理解することはままならない。しかし、記載が矛盾しないように項目間をリンクさせたロジカルな構成を見て、非常におもしろいと思いました。
 これがこの世界に足を踏み入れた一歩です。
 (実は、試験当日に電車を乗り間違えるというクライシスを経て弁理士試験に合格したのですが、長くなりますので、割愛します。)

特許事務所で働くこと

 スポーツに例えると、弁理士は体操選手、特許事務所は体操の団体チーム、だと思っています。体操の団体では、球技のパスのような選手同士のコンビネーションはなく、それぞれの選手に独立した結果が求められます。しかし、団体戦は個人戦の足し算ではありません。選手の得手不得手を考慮し、チーム全体の得点を最大化する戦略、が必要です。
 ひるがえって、弁理士業も個人単位で行う業務が基本です。しかし、お客様に評価されるのは、基本的には特許事務所全体のパフォーマンスです。
 共通の看板(ユニフォーム)の価値をいかに高められるかが、仕事の醍醐味の一つに感じます。

好きなもの

1)  バイク
  キャンプ道具を積んで遠出したりもします。ゆっくり走る派です。

2)  音楽
  ドラムを高校から続けています。
  好きなジャンルは50~60年代のアメリカンポップス(ジャズ、ソウル、R&B、R&R)です。

3)  動植物
  小型の容器でメダカやコケを育てていますが、アクアテラリウムを本格的にやりたいと思っています。
  家には妻の連れ猫(ヒマラヤン)も住んでいます。  

高度なサービスを提供する組織力、豊富なサービスメニュー、幅広い経験と豊かな実績で、当法人は高い評価をいただいております。
是非一度お気軽にお問い合わせください。

../../../inquiry/index.html?m=kakamu

ページの先頭に戻る

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 各務幸樹