法人案内

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 竹中謙史

竹中謙史 Kenshi TAKENAKA 巧みな文章表現で発明の魅力を120%引き出したい

出身地
岐阜県不破郡(垂井町)
経歴
1995年 名古屋工業大学工学部生産システム工学科計測工学専攻卒業
1995年 パロマ工業株式会社入社(知的財産部→設計開発)
2000年 足立国際特許事務所(現・名古屋国際特許業務法人)
2003年 弁理士登録
2005年 特定侵害訴訟代理業務付記登録
主な専門分野・特記事項
特許における専門分野は、制御、ソフトウェア、情報通信、機械、ビジネス方法。特に、fax等の情報通信機器、プリンタ、画像処理、車両制御、ITS、毛髪化粧用具、ガス器具全般、吸収式冷凍機を得意とする。吸収式冷凍機及びガスコンロについては設計開発経験を有し、その関連技術(潜熱移動、伝熱、流体、真空、燃焼等)にも詳しい。
所属団体
 日本弁理士会
 APAA(アジア弁理士協会)
 INTA(国際商標協会)
委員会所属実績
<日本弁理士会>
  特許委員会(平成28年~現在)

<日本弁理士会東海支部>
  教育機関支援機構(平成28~29年)
国際会議参加実績
・APAA(沖縄)(平成27年)
・INTA(Orlando)(平成28年)
・APAA(Bali)(平成28年)
・APAA(Auckland)(平成29年)
論文・著作・メディア出演等
「各国の特許制度の比較に基づき日本の特許制度・実用新案制度の改正・改良へ向けて検討すべき事項」(日本弁理士会 パテント2017 Vol.70)

仕事内容

特許等の出願原稿の作成、中間処理及び部下に対する実務指導が主な仕事ですが、他にも、審判(拒絶査定不服審判、無効審判等)、裁判(侵害訴訟、審決取消訴訟等)、相談対応、ライセンス交渉など(海外顧客の案件も含む)を担当します。
出願原稿の作成業務に関しては10年以上の経験があり、これまでの経験に加え、様々な書籍や勉強会などで得た知識を元に、「品質の高い出願原稿の作成」を追求してきました。また、最近では、侵害訴訟を訴訟代理人として担当し、権利行使の場面におけるやり取りを実際に経験したことで、出願原稿の重要性を再認識しました。現在では、こうして得た知識を出願原稿の作成や中間処理等の業務にフィードバックさせることができるようになり、更なる品質の向上を心がけています。また、最近では御指名をいただいて仕事をすることが多くなりました。

知的財産に携わる仕事との出会い

小さい頃から、市販されている製品などを眺めては、「なぜこういう機能を付けないのだろう?」とか「ここをこうすればよいのに」などと思うことが多く、それならば自らが物を作る側の人間になればよい、と考えるようになりました。そこで、大学を卒業後にメーカーに就職したのですが、設計開発の希望に反して知的財産部に配属されました(今ではよかったと思っていますが)。配属された当初は、発明者の出したアイデアを単に書類にまとめるだけの事務的な仕事としか思っていませんでしたが、実際に仕事をしてみると、技術的な知識に加え高度な法律知識が要求されること、特に、ちょっとした文書表現が発明の特許性や権利範囲などに大きな影響を与えることに驚き、この仕事の奥深さとおもしろさを知りました。また、仕事上、特許事務所の弁理士さんとお会いする機会があり、この資格に興味を持ちました。なお、その後に当初の希望どおり設計開発部へ移り、数年間設計開発の仕事に従事しましたが、知財の仕事のおもしろさが忘れられず、転職の道を選びました。

「やりがい」や「面白さ」

発明者から出されたアイデアは、特許出願という形で特許庁に提出され、審査官による審査をクリアすることで権利化され、その後は権利行使に用いられます。弁理士は、これらの手続に関与し、自らの技術知識及び法律知識を駆使することで発明者のアイデアから依頼者の利益を生み出すことができる点で、非常にやりがいのある仕事だと感じています。
また、この仕事の面白い点として、様々な技術分野の最新知識が得られることが挙げられます。私の場合、車両制御、ITS、マイコン、ネットワーク機器、近距離無線通信、プリンタ、画像処理、携帯電話関連機器、レーダ装置、毛髪化粧用具、シーリング材、配線基板、ガス器具、段ボール等々、多くの発明に関与し、その都度、技術知識を身に付けてきました。こうした積み重ねにより、今では幅広い知識を得ることができました。

オフの過ごし方

休日は、多くの時間を幼稚園児の一人娘と過ごしています。子育てについては、子供を上から見下ろすのではなく同じ目線で接していきたいというポリシーから、親子というよりも兄弟のように遊んでいます。ただ、同じ目線で接するつもりが、度を超してやや下から見上げる関係になってしまったようであり、私は娘から指図されるがままに絵を描いたり歌を歌ったりしています。遊んであげているのか遊んでもらっているのか、たまに分からなくなりますが、仕事を忘れてリフレッシュできる一時です。

高度なサービスを提供する組織力、豊富なサービスメニュー、幅広い経験と豊かな実績で、当法人は高い評価をいただいております。
是非一度お気軽にお問い合わせください。

../../../inquiry/index.html?m=takenaka

ページの先頭に戻る

ホーム > 法人案内 > 弁理士紹介 > 竹中謙史