採用情報

ホーム > 採用情報 > スタッフと仕事紹介 > 国内事務スタッフ

自分の関わった仕事が知的財産として大きな注目を浴びたりする楽しさ 国内事務スタッフ Clerical staff member in domestic dept K.Hさん

現在のお仕事内容を教えてください。

主な担当業務は新規依頼の受任業務です。クライアントからお預かりした書類に不備が無いかチェックし、データベースに期限情報や書誌情報を間違いが無いように慎重に入力します。また、必要に応じてクライアントへ書類を送付したり、弁理士や弁護士、特許技術者又は商標・意匠担当者が作業し易いように適切な書類を準備したり、簡単なデータ作成をしたりもします。

他の業務としては、特許庁への各種書類提出の準備、弁理士・特許技術者からの依頼に基づく書類作成、来客・電話応対、さらにはワーキンググループで事務の仕事をより効率良く行う為の各種改善を検討をしたり、等々多岐に渡っています。

前職は何をしていましたか?

国家公務員をしていました。今担当させて頂いている業務とは180度(?)違って、外回り中心の仕事でした。

当法人に入社しようと思ったきっかけを教えて下さい。

以前から法律に興味があり、法律に携わる仕事に就きたいと思っていたところ、たまたま新聞の求人広告で当法人の募集を見て応募しました。個人事務所や少人数事務所が多い中、職場の人数も多く、たくさんの人達と一緒に働ける環境も大きな決め手となりました。

当法人で実際に働いてみて如何ですか?

特許に関しては全くといっていいほど知識がなかったので、初めは私にちゃんと仕事が務まるのか不安でしたが、上司や周りの先輩から丁寧に指導してもらえたので、少しずつ仕事や特許に関する知識を覚えていくことができました。また、法律は頻繁に改正されるので、日頃から自分でも勉強を心掛けています。

事務の仕事に際限はなく、常に弁理士・特許技術者や弁護士の人達が仕事をしやすいようにサポートすることが求められているので、『自分ができることは何か』いつも念頭に置いて仕事をしています。

入社を検討している方にメッセージをお願いします。

きれいなオフィスで女性も多く、和気あいあいとした明るい雰囲気です。分からないことがあってもすぐに周りの人が教えてくれるので、未経験者でも安心して働けます。
また、自分の関わった仕事が後に大きな知的財産として注目を浴びたり、普段は何気なく生活している日常生活の中に、実はたくさんの特許が潜んでいることが分かってくるととても興味深いです。日本の産業の最先端の一部に触れながら仕事をする楽しさを実感してみてください。
自分次第で知的財産管理技能士の資格を取得することも可能ですので、スキルアップにも繋がります。

国内事務スタッフの一日

8:30

フレックスタイムを導入しているので、通常より30分早く出勤しています。

  • 応接室の掃除
  • メールのチェック
  • 来客応対

受付で事務所の「顔」としてお客様をお迎えします。

9:30

  • 朝礼
    部長より、注意事項の確認、クライアントの運用変更連絡、勉強会の日程連絡など、多岐にわたる情報が伝達されます。

10:00

  • 新規依頼の受任業務
    上司から5件の受任指示があったので、受付処理をします。
    さらに技術担当者がスムーズに仕事を行えるように、事前に準備した上で担当者に回します。

12:00

  • 昼休み
    お弁当持参派の私は、社内で国内事務スタッフの人達と食事します。毎日みんなで楽しくおしゃべりをしながらのランチです。

13:00

  • クライアントへ書類をFAX
    書類は大事な機密情報なので、送付先を間違えないよう慎重に送信します。
  • 電話応対
  • 特許技術者からの依頼対応
    急ぎで特許庁から書類を取り寄せてほしいとのこと。オンラインで特許庁へ書類の取り寄せの請求をします。

15:00

  • 特許庁へ書類を提出
    本日分の特許庁宛の書類をオンラインまたは郵送で送付します。
    その後、法人内での処理とクライアントへの提出完了報告の準備をします。

17:30

  • 終業時刻
    今日は残業無しで帰れます。同僚と最近開店した近くのお店に食事に行ってきます!

国内事務について問い合わせる
エントリーする

ページの先頭に戻る

ホーム > 採用情報 > スタッフと仕事紹介 > 国内事務スタッフ