MESSAGE

社員メッセージ1

周りの経験豊富な先輩方の
アドバイスを
受けることができます
周りの経験豊富な先輩方の
アドバイスを
受けることができます
主な専門分野
制御・機械分野の特許業務
INTERVIEW 01

現在のお仕事内容を
教えてください。

明細書作成や中間処理といった弁理士の方の補助業務が主な仕事内容です。

弁理士の方の指導のもと、発明者の意図が審査官に正確に伝わるような明細書を作成するように努めています。

中間処理は、審査官の起案した拒絶理由の妥当性を検討し、意見書、手続補正書を作成する業務です。弁理士の方の指導のもと、拒絶理由を回避しつつ、できるだけ広い権利範囲が取得できるような対応ができるように努めています。

INTERVIEW 02

前職は何をしていましたか?

前職は電機メーカーで、ディスプレイ及びタッチパネルの開発業務に従事していました。

開発業務と一口に言っても、ディスプレイの基材となるガラスに材料を蒸着する蒸着工程の検討、ディスプレイ、タッチパネルの試作機の動作検証等、幅広く経験しました。

INTERVIEW 03

当法人に入社しようと思った
きっかけを教えて下さい。

元々大学院時代に所属していた研究室は、材料系(化学系)の研究室でした。その研究室が研究内容に関する発明についていくつか特許権を取得していたというのが、特許などの知的財産に対して興味を持つきっかけだったと思います。

電機メーカーに就職した後も、技術的な内容だけでなく、知的財産に関する勉強は継続していました。仕事を進めて行く中で、本格的に知的財産に関わる仕事がしたいという思いが強くなりました。また、弁理士資格を取得するという目標が当時からあったため、「弁理士資格を取るための勉強を進めて行く上で特許事務所という環境がより良いだろう」と思い、特許事務所へと転職することに決めました。

数ある特許事務所の中で名古屋国際特許業務法人を志望した決め手の1つとなったのは、名古屋国際特許業務法人が扱っている分野が広いという特徴です。

私は、大学院で化学、前職で電機という異なるバックグラウンドを持っていたので、そういったバックグラウンドの広さや、異なる分野にも挑戦してきた経験を活かせるのではないかと思い、志望しました。

INTERVIEW 04

当法人で実際に働いてみて
如何ですか?

企業にいた頃と異なり、自分のペース、順序で業務をすすめられる点が一番大きな違いだと感じました。また、周りの経験豊富な先輩方のアドバイスを受けることができるので、刺激を受けながら、日々仕事をすることができます。弁理士試験の合格を目指して切磋琢磨する同僚もいますし、勉強・仕事について叱咤激励してくださる上司や先輩もいますので、とても励みになります。弁理士資格の取得のモチベーションの向上にもつながっています。

INTERVIEW 05

入社を検討している方に
メッセージをお願いします。

個々人の裁量が認められている範囲も広く、ディスカッションやミーティングを通して、意見交換などをする機会も多いです。主体的に仕事に向き合えるような職場なので、積極的に挑戦していこうとする人にとって良い職場だと思います。一緒に働くことができるのを楽しみにしています。

エントリーについて
エントリーについて
エントリー(正式応募)前に疑問点、相談事項がある方は、まずはこちらでご相談下さい。
各採用担当者が直接ご相談に応じます。
CONTACT
特許系の弁理士・技術者
(国内中心)
についてのお問い合せ
FAQ
よくあるご質問はこちら
エントリー(正式応募)される方は
こちらから
ENTRY